ガウ缶でのトレーニング

驚くことに、噛む犬の飼い主さんの多くは、噛まれて身も心も傷つきながら「愛犬がかわいい」とおっしゃるのです。そんなとき私は、「噛まなければ、もっともっとかわいいですよ!」と言って励まし、プログラムを続けていただき、結果を出すようにしています。

ネロの飼い主さんには「都合のいい女的飼い主」は卒業して、ネロからアプローチしたくなるような、魅力的な飼い主になっていただくよう、意識改革をしていきました。

3週間後に再び伺ってみると、吠える声は聞こえるものの、王子が飛び出してくる気配はありません。玄関のところにペット用の柵を付けたとのこと。そのように「物理的にできないようにする」という管理もとても大事です。

飛び出すことができずに、柵の向こうでけたたましく吠えるネロ。吠えてはいますが。「ベースプログラムを実施し始めてからは、前よりも言うことを聞くようになった」という飼い主さんの言葉を受け、いよいよ吠えるのを止める作業に入ることにしました。この作業は、飼い主さんとの関係を見極めてスタートすることが大切なのです。

ネロの場合、警戒心や吠えているときの興奮の度合いが強く、ドアホンが鳴ったら決まった場所で待たせてごほうびを与えるというトレーニングが難しかったので「ガウ缶」を使うことにしました。ガウ缶とはスチール製の缶の中にコインを20~30枚入れて犬が嫌いなガチャガチャした大きい音を出すための道具です。

この「ガウ缶レッスン」ですが、犬種の性質や個体の性格、あるいは飼い主さんのタイプ、生活環境などの状況によっては、かえって行動を悪化させる場合もありますので、心配な方はドックトレーナーに相談することをお勧めいたします。

ガウ缶を使ったトレーニングでは、「吠えたら缶を鳴らす」という作業を行います。犬が人にとって好ましくない行動をしたら、犬にも好ましくないことが起きる、それによって行動が減少する、という学習システムを利用するのです。

まず、ネロをリードでつなぎます。これは缶を鳴らしたときに逃げられないようにして、缶に対する「怖い」というイメージを高める効果があります。缶自体が十分怖いと学習したら、つないでいなくても効き目は持続します。

ネロはテーブルの脚につながれました。吠えるのを止めるためのキーワードを決める必要があるのですが、ネロ家では「NO!」に決定。缶はやや大きめの日本茶の缶(直径10㎝、高さ25㎝くらいのもの)を使用することになりました。

次にネロを吠えさせる必要がありますので、ドアホンを鳴らすことにしました。吠える原因がたくさんある場合(たとえばドアの外を歩く音、掃除機、電話中など)は、それぞれの場面を作って実施し、すべてを学習させることもあります。

最初に私がお手本を見せます。お父さんにドアホンを押してもらうと、ネロはけたたましく吠えました。すばやく缶を手にしてネロのところへ行き、ネロの目を見ながらできるだけ近くで「NO!」と低い声で1回叱り、ワンテンポずらしてから「ガシャン!」と思いっきり鳴らしました。このときガウ缶自体は投げないで、「音」を犬に向かって飛ばす気持ちで鳴らしてください。吠えなくなったらすぐに目をそらし、缶を降ろします。いつまでも目を合わせていたり、缶を振りかざしたままにしてしまうと、吠えていないのに恐怖が続き、犬は何をしてはいけないのか学習しにくくなってしまいますので注意してください。

ドアホンや来客が怖くて吠えかかる場合は、敏感で繊細な犬であることが多いのですが、ネロも例にもれず音に驚き、3回転するくらいひっくり返りました。

よほど怖かったのか、ネロは2回目のドアホンではまったく吠えなくなっていました。

少し時間をあけて再度鳴らしてみたのですが、私がネロのほうを見るだけでおびえて、まったく吠えなくなりました。